ローソファーはどんな人に向いている?魅力と注意点を知ろう
ローソファーはどんな人に向いている?魅力と注意点を知ろう

ローソファーはどんな人に向いている?魅力と注意点を知ろう


和室にソファーを置くなら

リビングでゆっくりくつろぐなら、やはりソファーは用意しておきたいところですソファーにも多くの種類がありますが、日本人は畳に座って生活してきた習慣があることもあり、洋室でも床に座る人は多くなっています。それゆえ、座椅子と同じような感覚で使える座面の低いローソファーは人気があります。ソファーは洋室に置く家具というイメージもありますが、ローソファーは和室との相性も抜群です。脚のついていない、床に直置きするタイプなら、畳に跡がつく心配もありません。コタツの季節にもぴったりのソファーといえるでしょう。転落の心配もないので、赤ちゃんやペットを飼っている家庭にも向いています。

注意点も知っておこう

ローソファーなら、天井との間隔も広くなるので圧迫感を感じにくいこともメリットです。狭い部屋にソファーを置くと部屋が狭くなりますが、同じ大きさでもローソファーなら部屋も広く感じられます。そのままの状態でも一人なら寝転がるとベッドのように使うこともできます。注意点としては、立ち上がるときに足腰への負担があるので、高齢者や腰を痛めている人は注意も必要です。

床に直接置くタイプは湿気がたまりやすく気になる場合は短い脚がついたものや、脚の取り外しができるタイプを選ぶと良いでしょう。背もたれが低いと部屋が広く見える効果がありますが、体の大きい人は疲れやすい傾向もあります。よりくつろげるタイプを選ぶなら、背もたれが高いハイバックタイプがおすすめです。脚を伸ばしたい人は座面が前に出ているカウチタイプが向いています。

ローソファーを購入する際、使用する人数に合ったサイズを選びます。また、こたつと一緒に利用することが出来るので、こたつのサイズも考慮します。